1位はもちろんあの漫画!平成を代表するジャンプ漫画ランキングTOP10!

平成を代表するジャンプ漫画ランキングTOP10 漫画

平成から令和へと切り替わり、平成を懐かしむことも多くなっていきますよね。

今回は平成時代を代表すると思う週刊少年ジャンプ漫画ランキングのご紹介です。

皆さんの一推しの漫画が何位に入っているか予想しながら読んでみてください。😄

それではどうぞ。

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第10位

HUNTER × HUNTER

作者:冨樫義博

 

第10位はHUNTER × HUNTER(ハンター × ハンター)』です。

得票数は104票です。

主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うために、父の職業だったハンターになって、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険活劇漫画。

ハンター試験編、ゾルディック家編、天空闘技場編、ヨークシン編(幻影旅団編)・グリードアイランド編、キメラ=アント編、会長選挙アルカ編、暗黒大陸編、クラピカ追憶編などから構成されています。

個人的にも読んでいた漫画で特にキメラ=アント編は面白かったですね。

主人公サイドの心理だけでなく、敵サイドの心理も緻密に丁寧に描かれていて、パラパラと読み進める単純なバトル漫画とは一線を画してました。

まだ読んだことがない方はオススメです。

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第9位

暗殺教室

作者:松井優征

 

第9位は暗殺教室』です。

得票数は106票です。

知らない方にとってはなかなか強烈な漫画タイトルですよね。

そのタイトルが表すように「主人公たちの担任教師を暗殺すること」がテーマの漫画で、サスペンス要素のある学園漫画兼コメディ漫画となっています。

こう書くと「読みたくない・・・」となるんですが、いざ手にとって読んでいくと抜け出せなくなります。😅

「暗殺」というキーワードとは裏腹にこの漫画で教えられるのは、人を思いやる事や広く寛大な心を持つ事の大切さなどです。

未読な方はタイトルに騙されず一度手にとってみてください。

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第8位

幽☆遊☆白書

作者:冨樫義博

 

第8位は幽☆遊☆白書』です。

得票数は114票です。

主人公の浦飯幽助とその仲間たち(桑原和真、蔵馬、飛影)との活躍を描く冒険活劇漫画になっています。

こちらもHUNTER × HUNTERと同じく、いろんな「編」で構成されてるんですが、特に面白いのは後半の「暗黒武術会編(戸愚呂兄弟編)」「魔界の扉編(仙水編)」「魔界統一トーナメント編(魔界編)」ですね。

本当に作者の冨樫さんは天才じゃないかと思いますね。

バトル漫画好きな読者の心理がよく分かっていて、いつもハラハラ・ドキドキ・ワクワクさせてもらってたのを覚えています。

時代が変わっても色褪せない名作漫画の一つと言えますね。

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第7位

ハイキュー!!

作者:古舘春一

 

第7位はハイキュー‼︎』です。

得票数は121票です。

高校バレーボールを題材にした漫画で、タイトルの「ハイキュー‼︎」はバレーボールを表す漢字「排球」からきています。

最近の少年漫画には特殊能力や必殺技がつきものですが、ハイキュー‼︎に関してはそうしたものは一切登場せず、試合や練習中に見せるセリフやプレイで純粋に熱くなれるスポーツ漫画です。

当時は中高生を中心に多くの読者に支持され、わずか2年でアニメ化されるなど、絶大な人気を誇りました。

第二のスラムダンクとも言われ、スポーツ漫画好きには是非ともオススメしたい漫画です。

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第6位

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

作者:和月伸宏

 

第6位は『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』です。

得票数は142票です。

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客・緋村剣心の生き様を描く、歴史物の漫画となっています。

人斬りの本性を抱えながらも「もう二度と人を殺める事はしない…‼︎」と不殺を誓い、その本性と闘いながら仲間を守るために自分の命を懸けて戦う姿が魅力です。

信念を貫いて生きるという事ですね。

明治時代初期の日本が舞台で、ストーリー自体はオリジナルなんですが、赤報隊、新選組、大久保利通暗殺事件など、ところどころで史実や実在人物を絡ませているので、歴史好きな方にはより楽しめる作品になっています。

連載前には編集者に「『ジャンプ』で歴史物は受けない」「明治時代は漫画にするには難しすぎる」と言われていたそうですが、そんな予想に反して大人気漫画となりました。

大人気の理由には、緋村剣心の超・必殺技「飛天御剣流奥義 天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)」も大きく貢献していると思います。笑

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第5位

遊☆戯☆王

作者:高橋和希

 

第5位は『遊☆戯☆王』です。

得票数は165票です。

内気な高校生の武藤遊戯が、古代エジプトの千年パズルを解いたことで闇の人格を手に入れ、闇のゲームの番人となり、危険で過激なゲームで敵と勝負していくという内容です。

物語の中ではいろいろな種類のゲームが登場しますが、その中の一つの対戦型カードゲーム「マジック&ウィザーズ」が特に人気が高く、後に「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームデュエルモンスターズ」(遊戯王OCG)の名前で商品化 → 大ブームとなりました。

カードゲームはやってたけど原作漫画は読んだ事がないという人も多いかもしれませんね。

かっこいいモンスターカードデザイン、読者を引き込ませる構図デザイン、見開きページの迫力など、原作漫画にもたくさんの魅力が詰まっているので、気になる方は是非!

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第4位

NARUTO -ナルト-

作者:岸本斉史

 

第4位は『NARUTO -ナルト-』です。

得票数は228票です。

忍同士が超常的な「忍術」を駆使して派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画で、少年ジャンプらしい王道漫画ですね。

主人公の「うずまきナルト」が、自国の首領「火影」になることを夢見て、数々の苦難・戦いを乗り越え成長していく様が描かれています。

そんな成長過程も大きな魅力の一つなんですが、最大の魅力の一つはやはりなんといっても「忍術」。

個性豊かなキャラたちが繰り出す、かっこいいド迫力な忍術の数々にワクワクしたという方も多いのではないでしょうか。

例えば・・・

 

  • 無限月読(マダラ/オビト)
  • 神威(カカシ)
  • 超尾獣螺旋手裏剣(ナルト)
  • インドラの矢(サスケ)
  • 輪墓・辺獄(マダラ)
  • 完成体須佐能乎(マダラ/サスケ)
  • 求道玉(オビト/ナルト)

 

熱くなり過ぎました。すみません。😅

でも字面だけでも分かってくれる方いますよね。懐かしいです。

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第3位

SLAM DUNK

作者:井上雄彦

 

ここからはいよいよTOP3の発表です。

第3位は『SLAM DUNK』です。

得票数は357票です。

主人公の不良少年・桜木花道の挑戦と成長を軸にした高校バスケットボール漫画です。

桜木花道・流川楓・赤木剛憲・宮城リョータ・三井寿の5人からなる湘北高校バスケットボール部が、近隣高校との練習試合 → 県予選 → 全国大会と進んで優勝を目指していきます。

どの試合も面白いんですが、圧巻なのは最後の『VS 山王戦』ですね。

そしてその中でも凄まじいのがラストの攻防のシーン。

ここ、漫画なのにまったくの「無音」で描写されてるんです。

その緊張感・緊迫感たるや・・・。

読んだことがある方なら今でもそのシーンが蘇ってくるのではないかと思います。

作者の井上雄彦さんは本当に凄い漫画家さんですね。

読んだ事がない方は是非是非是非是非読んでください。

大人が読んでも「面白い!」「楽しめる!」「感動できる!」そんな稀少な漫画です。

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第2位

銀魂

作者:空知英秋

 

第2位は『銀魂』です。

得票数は472票です。

SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画で、作者の空知氏いわく「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」です。笑

そんな設定の中、主人公の坂田銀時があちらこちらと暴れまわります。

普段はゆるゆるでだらけている銀時ですが、ここぞ!という時に見せる真剣な表情やアクションのギャップからファンになったという方も多いのではないでしょうか。

本気の銀時は確かにカッコイイ!

もちろんコメディ漫画として、当時の時事ネタや政治ネタやジブリネタなどをギリギリの範囲で取り上げてもいるので、読み返すと懐かしさと面白さが同時に味わえます。笑

シリアスとギャグのバランスが見事に調和した飽きずに読み続けられる漫画「銀魂」。

第2位なのも納得です。

スポンサーリンク

平成を代表するジャンプ漫画ランキング第1位

ONE PIECE

作者:尾田栄一郎

 

堂々の第1位は『ONE PIECE』です。

得票数は他者を圧倒する1114票!凄いですね。

平成9年(1997年)から連載がスタート → 平成31年4月で平成が終わり令和の時代に入ってもまだ連載継続中なので、平成時代の3分の2以上の間ずぅ〜っとONE PIECEの歴史が続いていたことになります。

その事を踏まえれば、この圧倒的大差の結果も大きく頷けますね。

それくらいONE PIECE の人気は絶大です。

なので説明不要だとは思いますが、とりあえず簡単に概要を載せておくと、海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とした「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン漫画となっています。

さて、読者であれば誰もが気になっているその「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」の正体。

原作の中では元・四皇の白ひげが「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)は実在する!!!」と宣言している場面が描かれていますし、作者の尾田栄一郎氏も「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)は物として存在する」という主旨の発言しています。

絆だとか平和などといった目に見えない価値ある物ではなく、形としてこの世に存在する物である事は確かなようです。

それが一体何なのか早く知りたいですね!でも ONE PIECE は終わって欲しくないですね。😅

スポンサーリンク

まとめ

以上【1位はもちろんあの漫画!平成を代表するジャンプ漫画ランキングTOP10!】とのタイトルでお届けしました。

改めて今回のランキングを一覧表でまとめておきますね。

 

平成を代表するジャンプ漫画ランキングTOP10!
1位 ONE PIECE 1114票
2位 銀魂 472票
3位 SLAM DUNK 357票
4位 NARUTO -ナルト- 228票
5位 遊☆戯☆王 165票
6位 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 142票
7位 ハイキュー!! 121票
8位 幽☆遊☆白書 114票
7位 暗殺教室 106票
10位 HUNTER × HUNTER 104票

 

投票数合計:4,319票
調査期間:2017年11月06日~2017年11月20日

 

グラフで見ると『ONE PIECE』の強さが際立ちますね。

懐かしさにどっぷり浸ることができたランキングでした。

個人的には SLAM DUNK を久しぶりに読み返したくなりました。

皆さんはいかがでしたか?😄

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
 

漫画
Ranking Walkerをフォローしたい方はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク
Ranking Walker
タイトルとURLをコピーしました