ベンジャミン・フルフォード・レポート《2019/2/18》ハザールマフィアの影響力は衰退!&天皇後継問題!他

世界情勢

[box class=”glay_box” title=”はじめに”]

当記事は以下の3項目から構成されています。

 

  1. ベンジャミン・フルフォード・レポートの簡易要約
  2. ベンジャミン・フルフォード・レポートの和訳(速報版)
  3. ベンジャミン・フルフォード・レポートの全文和訳(完成版)

 

①は「レポートの要点だけをざっくり掴めればOK!」という人向けです。②のレポート和訳(速報版)から抜粋しています。

②は「①の詳細を知りたい!」という人向けです。ブログ「嗚呼、悲しいではないか!」さんからの引用となっています。フルフォード氏が毎週更新する英文レポートの翻訳版をすぐに載せて下さいます。感謝です。

③は②と同じく「①の詳細を知りたい!」という人向けです。ブログ「シャンティ・フーラ」さんからの引用となっています。ただし②と比べると1週間ほどの遅延があります。しかしとても丁寧に翻訳がなされていて読みやすいですし、分かりやすいです。

ご希望に合わせて以下の目次からお選びください。(^_^)

[/box]


ベンジャミン・フルフォード・レポート《2019/2/18》簡易要約

  • ハザールマフィアによる資金源確保のための数々の企みはことごとく失敗
  • トランプ大統領が国家非常事態宣言に続いて北米で行動を起こすために特殊部隊を召集
  • 3・11の福島大量殺人事件の刑事訴訟はイスラエルの安全管理会社マグナBSPとイスラエル首相ネタニヤフに対する起訴によって始まる
  • 日本の安倍首相と彼の後援者である岩崎一族(三菱グループ)も訴訟の後半で裁判にかけられる
  • 日本のバチカンのトップ代理人マイケル・グリーンバーグ、バーバラブッシュの従妹リチャード・アーミテージの解雇が実現すれば日本の道が開く
  • 金正恩を天皇にしようとする派や南朝の皇室血統の小野寺直史を天皇に据えようとする派が裏である
  • 2月27、28日の米朝首脳会談で、合法的な天皇が誰であるべきかを決定する公判が行われるかもしれない



ベンジャミン・フルフォード・レポート《2019/2/18》和訳(速報版)

破産の米政府は浮上を保つために偽の債権を発行している

 

ワシントンDCの破産した米政府は偽の債券を発行することで破産しなかったふりをできたが、これらは阻止されると、国防総省、アジア秘密結社と欧州王室筋は言う。

2008年に、ワシントンDCのハザールマフィア傀儡政権は700トンの金塊を使用して75万トンの金担保債権を偽造し、23兆ドルを希薄な空気から生み出すことで破産を回避することができたと、CIA、国防総省、MI6他の情報筋は認める。その金は使い切っている。

今回は、彼らは殺された男「医者ツボンコ・バーディック(事実はコート・アルバート)の身分証を偽造して同じことをしようとしており、今回は中国通貨を使用する。偽造証のコピーは以下で見れる。

Dr.A_Owen Lennon authority Bedford.pdf

インドネシアのCIA情報筋によると、ハザール暴徒はまた、欧州CIAのトップのニール・キーナンを殺害し、インドネシアの金塊を手に入れようとして失敗に終わった企みにおいて彼の身分証を偽造しようとした。

同時に、ハザールマフィアは中東の石油支配の崩壊に対する安全保障を買う企みとして、買収金200億ドルと共にサウジ皇太子をパキスタンに送ったと、国防総省情報筋は言う。しかし、パキスタンはイスラム教徒のふりをした悪魔崇拝ハザール傀儡に騙されなかったと、イスマイリ(歴史的なハシャシンあるいはアサッシン)情報筋は言う。

皇太子が保護を求めてパキスタンに行った理由は、米軍がサウジアラビアから撤退し、アラビアを再び彼らの指導者として正当のイスラム人を選ばせる事を計画しているので、所謂サウジ王室のほとんどは運命づけられていると、国防総省情報筋は言う。

一方、米国とカナダの複数の情報筋は先週の米大統領ドナルド・トランプによる国家非常事態宣言に続いて北米で行動を起こすために特殊部隊が召集されたと述べている。

国防総省情報筋は、「非常大権を持って、トランプは今、偽旗脅威を取り除き、徒党と外国代理人を逮捕し、海外基地を閉鎖し、陸軍工兵隊に壁を建設させ、軍隊を帰国させ、軍事法廷を国民的会話に持ち込むために各都市で軍事作戦を指揮できるようになっている」と言っている。

大量逮捕を可能にし、FISAの機密情報開示や情報廃棄に備える為に、トランプが国家非常事態を宣言する前に、連邦緊急管理庁執政官ブロック・ロングが解雇され、司法長官ウィリアム・バーが宣誓をしたと、国防総省情報筋は言う。ブロック・ロングは、ワシントンDC株式会社のプエルトリコ事業の破産を隠蔽するために使われた偽のハリケーン危機の背後にいた人間である。

情報廃棄の多くは、違法な製薬業界から巨額な賄賂を受け取っている政治家や黒幕に関するものであると、CIA情報筋は言う。すでに、麻薬王エル・チャポはヒラリークリントン、ナンシー・ペロシ、下院情報委員会議長アダム・シフ他が彼から麻薬資金を受け取ったと彼の判決の公聴会で証言している。

 

同時にフランシス法王は、性を食い物にするDCの元枢機卿テッド・カリックから聖職をはく奪するために歴史的な動きを強いられ、さらに多くの枢機卿と司教が同罪に直面する道を開いたと、その情報筋は言う。

枢機卿が解雇され還俗させられたのは2000年に及ぶ教会史上、明らかに初めてのことである。マックカリックは多くの高位の政治家犯罪者を擁護してきたワシントンDCの黒幕のトップであったと、その情報筋は言う。(ジョージ・ブッシュ・ジュニアとトニーブレアが権力を失った後、保護を求めるためにマレディクト教皇に会いに行ったことを覚えていますか?)

マックカリックの解雇は昨年12月に子供の性的虐待で有罪になったアロのバチカンのトップ融資者枢機卿ペルに排除に関連していると、P2フリーメーソン情報筋は言う。ペルは新金融システムの開始を阻止していると、彼らは言う。

これはまた、2011年3月11日の福島大量殺人におけるバチカンの役割を調査するために外交チャンネルを使ってバチカンに送られた英国政府の正式要請にも繋がっていると、英国MI6の情報筋は言う。福島の刑事訴訟はイスラエルの安全管理会社マグナBSPとイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフに対する起訴によって始まると、その情報筋は言う。

しかし、ファシストで細菌戦主導者の日本の安倍首相と彼の後援者である岩崎一族(三菱グループ)もまた、訴訟の後半で裁判にかけられると、その情報筋は言う。念のために言っておくと、安倍政権は福島震災の後、選挙詐欺によって成立した。

日本の右翼情報筋によると、彼の政府は公式には福島の洗浄のために使われていることになっている多額の金を略奪している。山口組暴力団によると、安倍の母親は東京オリンピック関連のスラッシュ資金を配るための日本のギャングとの連絡係りとして行動している。

ロシア政府が安倍政権と和平協定を結ぶこと望んでいない事実は、それが違法な犯罪政府であることを彼らが理解している明確な兆候であると、ロシアFSB筋は述べている。

日本のバチカン/モサドのトップ代理人のマイケル・グリーンバーグと殺人と麻薬取引の差し迫った逮捕やバーバラブッシュの従妹リチャード・アーミテージの解雇は日本の一掃の道を開くであろうと、日本の白龍会情報筋は言う。

それが、日本が5月1日に新天皇として皇太子を据える準備をしている舞台裏で巨大な戦いが起こっている理由である。あるグループは北朝鮮の金正雲は外国支配には屈しなかった王室血統の一部を代表しているので、彼を天皇に据えようとしていると、日本皇室家族の情報筋は言う。

他のグループは、徳仁は皇室の血を引いていないので、南朝の皇室血統の小野寺直史を天皇に据えるよう主張している。

Rival Emperor Stakes Claim to Japanese Throne - Shows Evidence He is The Real Deal

2月27日と28日にベトナムで金正雲とトランプが会う時、帝国の継承問題は激しい議論になることは確実である。国防総省の情報筋は、合法的な天皇が誰であるべきかを決定する公判が行われるかもしれないと言っている。

フランスの国家移行評議会の関係者によると、ハーグ国際司法裁判所(ICJ)でも欧州連合の政治的基盤を覆す可能性もあると言う。理事会報道官ファブリス・デュブルデューによると、2月19日に評議会はICJに「フランスは2007年12月13日以来、憲法を定めていない」と主張する件を提出する。さらに評議会はフランスの3部門(行政機関)が1948年以来法的権利なしで運営されていることを示すであろうと、彼は言う。

「この法的混乱は、フランスの政権交代ののみならず、あなたがこ飲むなら私が進展させることができるあらゆる法的理由によってEUの崩壊(我々が知っているように)をも引き起こす可能性がある」とデュブルデューは言う。

彼は「我々は単純ではなので、常時監視されていることを知っている。我々は行動妨げられていない事実は、上位者がEU第四帝国を合法的に火をつける適切なタイミングであると判断したことを意味している」と付け加えた。

一方、イスラエルのハザールマフィア政府はその第四帝国ナチ支持者が力を失っているのを見て、イランへの戦争の支持を強めるために先週ポーランドで緊急会議を開催することを試みた。彼らはまた、ポーランドから金を強要しようとしたと言う。

ポーランド政府は1ペニーをも拒否し、代わりにドナルド・タスク欧州理事会議長の起訴を求めたと、情報筋は述べている。タスクはポーランド人のふりをしているだけで、2010年の大統領を含むポーランド政府高官の殺害に関与したドイツの代理人であると、彼らは付け加えた。

https://www.independent.co.uk/news/world/europe/vladimir-putin-polish-president-lech-kaczynski-plane-crash-russia-poland-defence-minister-antoni-a8111831.html

ハザール人が支配を失っているもう一つの兆候は、「イスラエル二重国籍のルパード・マードックの代理人の前フォックスニュースのアンカーであったヒース・ナワートが国連大使の候補から彼女の名前を取り下げると言う形で現れたと、国防総省情報筋は言う。

ユダヤ人のCIA情報筋によると、米国は間もなくイスラエルではなく米国を代表する国連大使を持つことになる。進行中の作戦が危険にさらされるのでまだ書けない多くのことがある。しかし、同社はそれは人々とこの惑星に住む生き物にとって本当に素晴らしいことであるので安心してください。我慢する人は最後には彼らの遺産を相続することができる。

引用元:嗚呼、悲しいではないか!



ベンジャミン・フルフォード・レポート《2019/2/18》和訳(完成版)

破産済みの米国政府は偽債券を発行し、破産を免れようと悪足掻き中

 

相変わらず東洋ドラゴン・ファミリーの巨額債券を欧米が悪用

先週ワシントンD.C.の破産済みの米国政府は、偽の債券発行で破産していないフリをすることに成功したが、【この債券発行は】阻止される、とペンタゴンやアジアの秘密結社やヨーロッパの王族筋は言う。

2008年にハザールマフィア【が操る】ワシントンD.C.の傀儡政府は700トンの金塊を使って75万トン相当の金(きん)に裏打ちされた債券を偽造し、何もないところから23兆ドルを造り出し、破産を免れてみせたことは、CIAやペンタゴンやMI6其の他の情報源から裏付けが取れている。この金(かね)が現在、底をついたのだ。

彼らはズヴォンコ・ベルディック=アルバート“博士”という殺害された人物(実際にはアルバート伯)の身元を偽造し、今回は中国の通貨を使って、【2008年と】同じことをやってのけようと試みた。この偽造のコピーは以下で閲覧可能である。

Dr.A_Owen Lennon authority Bedford.pdf

【※PDFには二名の人物の顔写真が貼ってあり、内容をざっと見るとアルバート伯なる東洋人は、超・胡散臭そうな白人男性オーウェン・トーマスに全権委任したので、彼に口座の金(かね)を渡すように、と書いてあります。

で、それとは別件なのですが、「アルバート伯」ってキーナン氏と一緒の写真があるのですよね。「2013年7月香港にて」なので、やはり香港のレッド・ドラゴン筋の方なのでしょうか。】

インドネシアのCIA筋によると、ハザールマフィアはヨーロッパで元トップのCIA【※この書き方だとCIAの正規の工作員なのか、子飼いのアセットだったのか不明です】だったニール・キーナンも殺害した。彼の身元を偽造し、インドネシアの金塊を手に入れようとしたが失敗したらしい。

 

パキスタンを操ろうとしたサウジアラビア

同時に、ハザールマフィアは偽のサウジアラビア皇太子を200億ドルの賄賂と共に先週パキスタンへ送り込み、崩壊しつつある彼らの中東の石油支配に対する安全保障を買おうと試みた、とペンタゴン筋は言う。

しかしながらイスマーイール派(歴史上のハッシャーシーン【=暗殺教団】、あるいはアサシン【※英語の「暗殺者」の語源】)筋曰く、パキスタン勢はイスラム教徒のフリをした、この悪魔崇拝のハザールの傀儡に騙されたりはしなかった。

保護を求めて皇太子がパキスタンへと赴いた理由だが、米軍がサウジアラビアから撤退する計画を進めており、アラビアの人々に再び本物のイスラム教徒を自分たちの指導者として選ばせようとしているせいで、サウジの王族とか呼ばれている者の多くに破滅が迫っているからだ、とペンタゴン筋は言う。

 

米国でのドブ掃除

一方で、アメリカとカナダの複数の情報源は、先週のドナルド・トランプ米国大統領による国家非常事態宣言を受けて、特殊部隊が北米での活動に向けて招集されたと言っている。

ペンタゴン筋が言うには、非常【事態下の】権限によって「トランプは今や都市での軍事作戦を指揮して偽旗の危険を排除し、カバールや他国の工作員を逮捕し……海外の基地を閉鎖し、陸軍工兵隊【※軍隊所属のエンジニア集団ってことです】に壁を建設させ、部隊に帰国命令を出し、軍事法廷を全国的な話題へと押し上げることが可能となった」。

トランプが国家非常事態宣言をする前に、【アメリカ合衆国】連邦緊急事態管理庁【=FEMA】のブロック・ロング長官がクビになり、ウィリアム・バーが司法長官【として就任する旨の】宣誓をしたが、これは大量逮捕を可能とし、FISA【文書】の機密解除や“インテル・ダンプ【=機密情報の大量投下】”の準備を整えるためだ、とペンタゴン筋は言う。

ブロック・ロングは、ワシントンD.C.株式会社プエルトリコ事業の破産を隠蔽するために使われた偽のハリケーン危機の裏にいた人物だ。

“インテル・ダンプ”の多くは、政治家や【政治を裏で動かす】黒幕連中で、違法薬物業界から賄賂を受け取っている人間に関するものだ、とCIA筋は言う。

既に麻薬王エル・チャポが自身の量刑審問で、ヒラリー・クリントンやナンシー・ペロシや下院情報特別委員会の委員長アダム・シフ其の他が彼から麻薬資金を受け取っていたと証言している。

EL CHAPO GIVES CLINTON , PELOSI , SCHIFF & MORE AWAY AT HIS SENTENCING (Video 2.14 min)
Alternative News and Views, Reported by Agents Around the World, 24 hours a day

 

バチカンでのドブ掃除

同様に、フランシスコ法王も「【ワシントン】D.C.区の元枢機卿で性的プレデター【=性的に人を食い物にする犯罪者】であるテッド【正式名はセオドア・エドガー】・マキャーリックの聖職を剥奪するという、歴史的な措置を講じるよう強制された。これは更なる枢機卿や司教たちに同じ罰を受けさせる道を開いた」と、同筋は言う。

枢機卿が聖職を剥奪された、あるいは“還俗させられた”のは、教会の2000年に渡る全歴史で初めてのことだったらしい。マキャーリックはワシントンD.C.のトップの黒幕で、数多くの高位の政治犯罪者を保護していた、と同筋は言う。(ジョージ・ブッシュ・ジュニアやトニー・ブレアが退任後、保護を求めて“マレディクト”法王に会いに行ったことを覚えておいでだろうか。)

【※呪われしベネディクト法王のことです。“マレディクト”の意味については、以前の解説をご参照ください。】

P2フリーメイソン筋によると、マキャーリックの聖職剥奪は、昨年12月に児童への性的暴行で有罪となったバチカンの財務長官ペル枢機卿の排除と関係しているそうだ。ペルは新金融システムの開始を【ずっと】阻んでいた、と彼らは言っている。

 

福島攻撃で日本もドブ掃除

2011年3月11日の福島大量殺人に対するバチカンの役割を調査するよう、英国政府がバチカンに外交ルートを通して正式要請したこととも関係している、と英国MI6筋は言う。福島を巡る刑事訴訟は、イスラエルの警備会社マグナBSPとイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相に対する告発内容から始まる、と同筋は言う。

但し、ファシストかつ細菌戦推進論者である日本の安倍晋三首相と、彼を支える岩崎一族(三菱グループ)も、やがてこの事案で裁判を受けることになる、と同筋は言う。

忘れないでほしいのだが、安倍政権というのは福島の惨事の後、不正選挙で設置された存在だ。日本の右翼筋曰く、公的には“福島の除染”に費やされたとされている大量の金(かね)を安倍政権が着服している。おまけに安倍の母親は、東京オリンピック関連の不正資金を分配するために日本のヤクザとの連絡役を務めている、と山口組暴力団の内部の人間が言っていた。

ロシア政府が安倍政権との和平交渉を望んでいないという点は、当該政権が違法な犯罪者政権だということをロシアが理解している明白なしるしだ、とロシアのFSB筋は言う。

マイケル・グリーンバーグが日本におけるバチカン・モサドの工作員のトップとして解雇されたのと、殺人犯で麻薬密売人でバーバラ・ブッシュの従弟、リチャード・アーミテージの逮捕が迫っている点は、日本での掃討【作戦】の道を開くだろう、と日本のホワイト・ドラゴン・ソサエティ筋が言う。

【※ジャパン・ハンドラーなのは「グリーンバーグ」じゃなくて、「マイケル・グリーン」だと思いますが……もし記憶違いではなくワザと「○○バーグ」としたのであれば、ユダヤ人っぽい苗字にして揶揄しているのでしょう。】

 

日本で5月1日に徳仁親王を新たな天皇として擁立する準備が進む裏で、大規模な戦いが繰り広げられているのはこのせいだ。

ある集団は北朝鮮の金正恩を天皇にしようと推している。彼は外国勢の支配に一度として屈しなかった王家の血筋を代表しているからだ、と日本の皇室筋は言う。別の集団は南朝の血筋を引く小野寺直こそ天皇になるべきだ、徳仁は皇室の血が流れていない、と主張している。

Rival Emperor Stakes Claim to Japanese Throne - Shows Evidence He is The Real Deal

天皇家の継承については、2月27日・28日にベトナムで金正恩とトランプが会う際、確実に活溌な議論の対象となる。ペンタゴン筋曰く、誰が正当な天皇であるかを決する公開法廷が開かれる可能性があるのだ。

 

フランスからEUのドブ掃除

フランスの国家移行評議会の複数の関係者によると、ハーグの国際司法裁判所(ICJ)にもうすぐ出される案件も、欧州連合の政治的な基盤を揺るがす可能性がある。

評議会の広報ファブリス・デュブルデューによると、2月19日に評議会は「2007年12月13日以降、フランスは憲法不存在だ」との事案をICJへ提出するそうだ。加えて、1948年以来フランスの3つの部門(行政分野)が法的な権利も根拠もなしに運営されていたことを評議会は示す、と彼は言っている。

【※国家移行評議会については、こちらの解説をご参照ください。】

 

「この法的な問題はフランスでの政権交代を引き起こしかねないだけでなく、ありとあらゆる法的な理由から(皆さんも御存知の通りの)EUの崩壊も引き起こしかねません。お望みとあらば、【諸々の理由を】展開して御覧にいれましょう」とデュブルデューは主張していた。

そして彼が付け加えていたが、「私たちも子どもではないので、常時監視されているのは分かっています。【それでも】動こうとするのを阻止されなかったということは、上の人間がEU第四帝国の灯(ともしび)を合法的に上げる頃合いだと判断したという意味です」。

 

ポーランドにたかろうとしたイスラエル

一方、イスラエルのハザールマフィア政権は彼らを支援するナチス第四帝国の連中が権力を失いつつあるのを見て、先週ポーランドで緊急の会合を開き、イランに対する戦争の支持を取り付けようと試みた。彼らが訪れたのは、ポーランドから金(かね)を巻き上げるためでもあった、とポーランド諜報機関筋は言う。

ポーランド政府は、びた一円たりとも渡すことを拒否し、逆にドナルド・トゥスク欧州理事会議長の訴追を求めた、と同筋は言う。トゥスクはポーランド人のフリをしたドイツの工作員で、2010年に大統領を含むポーランド政府の高官複数が殺害された件に関与している、と彼らは付け加えていた。

Polish official claims Putin responsible for plane crash that killed their president
Poland's President Lech Kaczynski, the First Lady and 94 others died in a plane crash in 2010
【※トゥスクの祖父(上の丸で囲まれた人物)はナチス国防軍の兵士でした。孫は常にしかめっ面ですが、お顔が大変似ています。2010年の殺害事件は、「ポーランド空軍Tu-154墜落事故」で検索してください。政府専用機が落とされて、乗っていた96名全員が死亡しました。】

 

「イスラエルの代理人アメリカ」の終焉

ハザール勢が支配を失いつつある別の兆項は、「イスラエル二重国籍市民ルパート・マードックの代理人で元FOX局のニュース司会者、ヘザー・ナウアートが国連大使の候補を辞退した」という形で出てきた、とペンタゴン筋が言っている。もうすぐ米国は、イスラエルではなく本当に米国を代表する国連大使を擁するようになるだろう、とユダヤ系のCIA筋が言う。

現在進行中の作戦を脅かしかねないため、まだ【ここに】書くことは出来ないが沢山のことが起こっている。この惑星の人々や【其の他の】生命にとって大変素晴らしい内容であるので、読者の皆さんは御安心されたし。柔和な者たちがようやく遺産を手にするのだ。

【※最後の文章は、マタイによる福音書5章5節「(主に従う)柔和な人々は幸いである、彼らは地を受け継ぐ」をアレンジしたものだと思います。】

翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の追記部分です。訳文は日本語での読み易さを優先し、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また見出しやツイッター画像も挿入しています。

 

転載元:シャンティ・フーラ



カテゴリー
世界情勢
すきろぐをフォローする
す き ろ ぐ
タイトルとURLをコピーしました