20代と30代とではガラリと変わる転職面接!30代のあなたは大丈夫?

20代と30代とでは転職面接時に求められる受け答えがガラリと変わることはご存知でしょうか?「えっ?就活面接と同じ要領でいいんじゃないの?」と思っている30代の転職希望者がいれば要注意です。その感覚ではまず転職面接は不合格となるでしょう。

20代と30代とでは転職面接はどのようにガラリと変わってくるのでしょうか?基本的なところをまとめてみましたので確認してみてください。どうぞ。

20代の転職面接に求められるものは?

20代の転職面接は最初の就活面接の延長と捉える面接官も多くいます。そのため、面接官が学生時代の話を尋ねることも多々ありますし、志望動機を重要項目として位置づける面接官もまだまだいます。特に第二新卒(※ 学校卒業後、一度就職するも数年内に離職し、転職活動をする若手求職者)に対してはその傾向は強いと言えます。

その理由は就活面接と同じで、依然応募者の「可能性」や「将来性」に重きを置いているからです。20代はまだまだ伸び代がある年代です。企業側としても「これからしっかりと経験を積ませて企業が望む人材へと育てていこう」という気持ちでいます。そのため、目立つ欠点がなければやる気や人柄で転職面接をクリアできるのが20代の転職面接の特徴の一つになっています。

そのような理由・背景があるため、20代の転職面接(特に第二新卒者の転職面接)というのは最初の就職面接をベースにして取り組めば基本的には問題はありません。

30代の転職面接に求められるものは?

しかし、これが30代の転職面接となると内容がガラリと様変わりします。まず企業側は30代の応募者に対して「可能性」や「将来性」を求めません。これは当然と言えば当然です。20代に比べればその伸び代は随分と短くなっています。人によってはまったく伸び代がないという人さえ出始めるのが30代です。

そんな30代の応募者に対して企業側が求めるものが何かと言えば「即戦力」です。この「即戦力」という表現には以下のように複数の意味合いがあります。

 

  1. どの職種にも必要な基礎的能力を十分備えている
  2. 特定業務での実績が十分ある
  3. 未経験の業務であっても、これまでに学んだ知識を活かして主体的の業務をこなせる

 

通常、即戦力と聞くと2番目を思い浮かべるかと思います。企業側もこの2番目はやはり重要視してくる部分です。しかし、それだけではないということです。1番目と3番目もしっかりとチェックを入れてきます。

ですから、転職面接時は2番目の部分だけではなく1番目と3番目についてもしっかりとアピールしていくようにしましょう。そうすれば転職面接を通過し採用される確率もより高まります。

この「即戦力」の要素に加えて、30代の転職希望者がプラスアルファで追加するとより好印象になる要素は「向上心・意欲」です。

年を重ねていくにつれて失いがちな「向上心・意欲」。これは30代・40代と年を重ねるにつれて誰もが感じる部分です。つまり、企業側の面接官自身もそう感じているということです。

ですから、面接官が30代の転職希望者を目の前にした時に「この人は20代と同じような仕事への意欲が本当にあるだろうか?」「我が社は日進月歩で技術革新が行われていくが、向上心を持ってついてくるだろうか?」と、一抹の不安を覚えます。その不安を払拭する必要が30代の転職希望者にはあるということです。

「日々、○○についての勉強を行っています!」「さまざまなメディアやインターネットを活用し、情報収集を徹底しています!」というように、意欲・向上心があることをしっかりとアピールしていくことも忘れないようにしていきましょう!

まとめ

20代と30代とでは転職面接時に求められる情報が大きく異なることを知っていただくことができたかと思います。30代のあなたが20代の感覚のままで転職面接に臨んでしまえば、まず採用されることはないでしょう。

企業側が30代の応募者に望んでいることは「可能性・将来性」ではなく「即戦力・意欲」です。そのことをしっかりと念頭に置いて転職面接の準備に取り掛かるようにしましょう。

これを意識するだけでも転職面接の成功率は随分と変わってくるはずです。頑張ってください!

30代の転職を確実に成功させる方法 〜転職面接編〜

2017.02.23